肌荒れ・便秘を乳酸菌ヨーグルトで効果的に改善する方法

肌荒れ、便秘、過敏性腸症候群には乳酸菌が効果がある!?アシドフィルス菌,lb81,ビフィズス菌はどれが良い?オリゴ糖もうまくとれる乳酸菌革命を飲んで、腸内フローラを改善しませんか?

オリゴ糖を便秘解消に摂ると太るの?

f:id:anemonelty:20170706233509j:plain

 

オリゴ糖を便秘解消のために摂っている方は、こんなに糖を
摂ると太るのではないかと心配になるのではないでしょうか。

また、夜にオリゴ糖を摂ったら太るのではないかと思って
いる方もいらっしゃるようです。

 

オリゴ糖は消化されにくく、カロリーも砂糖の1/2~1/4程度
ですが便秘や肌荒れ解消のために摂取すると本当に太るので
しょうか?

 今回は、オリゴ糖を摂ると太るかについてご紹介します。

 

●オリゴ糖のカロリーはどのくらい?

料理などで使われる上砂糖のカロリーは、3.8~4kcal/g
です。

 

それに対してフラクトオリゴ糖のカロリーは、2kcal/g
ですので、砂糖の半分になります。

 

でも、イソマルトオリゴ糖のカロリーは、4kcal/gで砂糖と
同じです。

 オリゴ糖は糖類の仲間ですが、人には消化できる酵素がない
ため消化・吸収されずに大腸まで届き、善玉菌のエサとなり
消費されます。

 

一方、砂糖は食べると消化酵素により果糖とブドウ糖に分解され、
小腸で消化・吸収されて血液に溶け込みます。

 

ブドウ糖すぐに、果糖に分解されたものは最終的にブドウ糖に
変換されてエネルギー源となります。

 過剰に摂取したブドウ糖は、脂肪として体に蓄えられます。

しかし、オリゴ糖は余分に摂取しても体内に脂肪に変換されて
留まらず、大腸を経由して便として排出されやすいとうこと
なんです。

 

オリゴ糖は砂糖に比べると約半分のカロリーですので、砂糖を
オリゴ糖に置き換えるだけでもダイエット効果が見込めます。

 

だた、甘味が砂糖に比べ少ないので、砂糖と同じように多目に
使ってしますとカロリーカットにはなりません。

 

●オリゴ糖は低GI食品なので太らない。

炭水化物を摂ると消化酵素によりブドウ糖に変換され、小腸で
吸収され血液に溶け込むので血液中のブドウ糖濃度が高くなります。

これは、血糖値と呼ばれています。

 

血糖値が急激に上昇すると、これを下げるためにインシュリンが
多く放出されるためブドウ糖が脂肪に変換されやすい体質に
なります。

つまり、食品の血糖値を上げるスピードが食欲と肥満に関係
しているのです。

この時のスピードを数値化したものを、
”GI値(グリセミック・インデックス)”と呼びます。

 

白米のご飯や甘い缶コーヒーなどは、食べるとすぐに血糖値が
上昇するので”高GI食品”と呼ばれています。

 一方、食べてからゆっくり血糖値が上がるものは”低GI食品”
と呼ばれています。

 

これらに該当するものは、野菜や果物、きのこなどがあります。

低GI食品は、血糖値をゆっくり上昇させるのでインシュリンの
放出も適切であり、血糖値の急降下もありません。

 

なので、低GI食品は太らない体質をつくる食品ということが
できます。


オリゴ糖のGI値は、10程度であり低GI食品です。

 

海藻類でもGI値は20以下とされているので、オリゴ糖はかなり
低いといえます。

ちなみに引き合いに出される砂糖のGI値は65ですので、
感じがお分かりかと思います。


以上のように便秘解消のためにオリゴ糖を摂っても、太る心配は
なさそうなので安心してご利用してみてはいかがでしょうか。