肌荒れ・便秘を乳酸菌ヨーグルトで効果的に改善する方法

肌荒れ、便秘、過敏性腸症候群には乳酸菌が効果がある!?アシドフィルス菌,lb81,ビフィズス菌はどれが良い?オリゴ糖もうまくとれる乳酸菌革命を飲んで、腸内フローラを改善しませんか?

ビフィズス菌の効果的な摂り方、摂る時間は?

f:id:anemonelty:20170615232642j:plain

腸内環境を整える働きのあるビフィズス菌をヨーグルトや
乳酸菌サプリで摂り始めている方が増えていますね。

あなたは、ヨーグルト派ですか、乳酸菌サプリ派ですか?

ビフィズス菌が入ったヨーグルトは、スーパーなどでたくさん
売られているので、どれを選んだらよいのか迷うのではないで
しょうか。

数ある中、「特定保健用食品」(トクホ)としての許可を
受けている森永乳業の「ビヒダスBB536 プレーンヨーグルト」
などが人気です。

ビフィズス菌が配合された乳酸菌サプリでは、

・森下仁丹のヘルスエイド ビフィーナS

健康いきいき倶楽部の乳酸菌革命

なども人気のようです。

ビフィズス菌を摂る目的には、整腸作用、アレルギーに対する
効果、コレステロール値低下の効果などがあるかと思います。

ビフィズス菌で腸内環境を良くするなら、より効果的に摂りたい
ものです。

この記事では、ビフィズス菌入りのヨーグルトや乳酸菌サプリを
摂るタイミングについてご紹介します。

●ビフィズス菌を摂るタイミングは、食前か食後か?

最近のヨーグルトや乳酸菌サプリでは、プロバイオティクスの
考えのもとに作られているので、含まれているビフィズス菌を
生きたまま腸に届けたいものです。

プロバイオティクスとは、人体にとって有益な作用をもたらす
生きた細菌、またはそれを含む食品を指します。

一般的にビフィズス菌は、胃酸などの強い酸には弱いという
特徴があります。

もし、食前に飲むといきなり胃酸などにさらされるために、
折角生きたビフィズス菌を摂っても死んでしまう可能性が
高いといえます。

それに対して、食後は胃酸が薄まった状態いなっているので
生きたままビフィズス菌が腸まで届く可能性が高まります。

結論としては、

ビフィズス菌入りのヨーグルトや乳酸菌サプリを摂る
タイミングは、「食後」ということができます。

また、ビフィズス菌が働くにはエサとなるオリゴ糖や食物繊維が
必要なので、食事でオリゴ糖や食物繊維をとっておけば、効果も
高まるといえます。

なので、食後のデザートにヨーグルトしかもフルーツやオリゴ糖
が入ったものが理屈にあっているということができます。

●摂る時間帯は朝、昼、夜のどこがいいの?

ヨーグルトといえば朝食後に摂るイメージが結構強いですが。

摂る時間帯は朝、昼、夜のどこがいいのでしょうか。

これには、いろいろな説があり迷う方もいるかと思います。

結果が検証されていることでいえば、朝に摂る方がいいようです。

これに関しては、グリコ乳業の研究があります。

ヨーグルトにはもともと排便回数を増加させる働きがあるので、
そこに着目してヨーグルトを食べるタイミングを朝食後、昼食後、
夕食後に3グループに分けて排便回数を調査しました。

その結果、朝食後のグループがもっともよい結果が得られたとの
ことです。

(第2008年度日本農芸化学会大会における「ヨーグルト
の効果的な食べ方に関する研究 ‐摂取時間帯の比較‐」)

排便はもともと朝食後が多いのですが、ヨーグルトの排便促進と
排便習慣との相乗効果が期待できるということです。

昼や夜でもヨーグルトの効果がないわけではありませんが、
朝の排便習慣をきちんとつけるためにも朝に摂るのがいいのでは
ないでしょうか。