肌荒れ・便秘を乳酸菌ヨーグルトで効果的に改善する方法

肌荒れ、便秘、過敏性腸症候群には乳酸菌が効果がある!?アシドフィルス菌,lb81,ビフィズス菌はどれが良い?オリゴ糖もうまくとれる乳酸菌革命を飲んで、腸内フローラを改善しませんか?

植物性乳酸菌ラブレは腸内環境を整えて肌荒れを改善、その理由は?

f:id:anemonelty:20170604161545j:plain

 

植物性乳酸菌の仲間であるラブレ菌が注目されています。

 

ラブレ菌は、京都の伝統的漬物「すぐき漬け」から発見された
乳酸菌で日本人の腸と相性が良いと言われています。

 

日本人は昔から発酵食品である味噌、しょう油、漬物などを
食事に取りいれてきたので植物性乳酸菌との相性も抜群なの
です。

 

ラブレ菌は酸や塩分濃度が高くても生き抜くことができるので、
「生きたまま腸まで届く」ことで注目されているのです。

 

以下では植物性乳酸菌ラブレ菌がもつ優れた効果について紹介
します。

 

●ラブレ菌が肌荒れを改善する理由

ラブレ菌には以下の効果があります。

・腸内細菌の善玉菌を増やし腸内環境を整える。

 ラブレ菌は生きたまま腸まで届き、腸内にとどまって
 乳酸菌を作り腸内を酸性にするため、腸のぜん動運動を促進
 します。

 

 このような腸内環境を整える働きがあるため、便秘や下痢の
 改善に効果が期待できます。


・腸内環境が整うことによる肌荒れの改善

 便秘になると腸内で腐敗が進行し、アンモニアなどの
 有害物質が発生します。

 

 この有害物質が血液を通して肌に運ばれることで、肌荒れや
 ニキビが引き起こされる原因となりますが、ラブレ菌の優れた
 整腸効果により有害物質が便とともにスムーズに排出されます。

 

 このため肌荒れやニキビなども改善されます。


ラブレ菌の効果はこれだけではありません。


●腸内の免疫細胞のリンパ球を活性化させる

 ラブレ菌は免疫細胞のリンパ球を刺激してインターフェロンの
 生成を促進させ、体内でウィルスの増殖を防ぐ免疫細胞NK細胞
 を活性化して免疫力を高める効果があります。

 

 また、ラブレ菌を摂取することで、インフルエンザの発症が減る
 こともカゴメから研究成果として報告されています。

 

●コレステロール値を下げる効果

ラブレ菌は他の乳酸菌があまりもっていない働きもあります。

 

ラブレ菌は腸内のコレステロールを取り込んで、便と一緒に体外に
排出する働きもあります。

 

実際の研究でも、ラブレ菌を摂取し続けた人の血中コレステロール値
が下がることが確認されています。

 

なので、コレステロール値を下げることができ、動脈硬化の予防にも
効果があります。

 

動脈硬化がさらに悪化すると、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞といった
生活習慣病にもつながるリスクが高まってしまいます。

 

●ラブレ菌を上手に摂る方法

ラブレ菌を積極的に摂るには、京都の漬物「すぐき漬け」を食べる
のも方法です。

 

でも、京都周辺以外に住む方には中々手に入らないかもしれません。


ラブレ菌が配合されたヨーグルトは、そう多くの種類がありませんが
カゴメ社から何種類か販売されています。

 

商品名では、

・カゴメラブレプレーン

・カゴメラブレLight

・カゴメラブレ鉄分

 

これらはスーパーにも売っていますので、「すぐき漬け」よりは入手
しやすいと思います。


でも、すぐき漬けやヨーグルトで必要量を摂るのは結構難しいです。


ラブレ菌を効率的に摂るにはやはりラブレ菌を配合したサプリです。

サプリなら必要な量の菌数を効率よく摂取することができます。


乳酸菌サプリについては、

 

www.nyuusankin100.info

の記事も参考になります。