肌荒れ・便秘を乳酸菌ヨーグルトで効果的に改善する方法

肌荒れ、便秘、過敏性腸症候群には乳酸菌が効果がある!?アシドフィルス菌,lb81,ビフィズス菌はどれが良い?オリゴ糖もうまくとれる乳酸菌革命を飲んで、腸内フローラを改善しませんか?

植物性乳酸菌、ラブレカプセルは効果あり?

f:id:anemonelty:20170526001105j:plain

乳酸菌といえばヨーグルトやチーズなどを思い浮かべることが
多いですが、漬物、味噌、しょう油、酒などの発酵食品にも
乳酸菌が含まれているのをご存知ですか。

 

これらの発酵食品に多く生育するのが、植物性乳酸菌です。

 

ケチャップや野菜ジュースで有名な食品会社カゴメは、
植物性乳酸菌の中でも「ラブレ菌」に注目して乳酸菌サプリ
「植物性乳酸菌ラブレカプセル」を商品化しました。

 

使用されている植物性乳酸菌「ラブレ菌」の特徴や乳酸菌サプリ
「植物性乳酸菌サプリカプセル」の口コミなどを紹介します。

 

●腸で生き抜く力が強い植物性乳酸菌のラブレ菌

食物性乳酸菌ラブレ菌は、京都の漬物の中でもとりわけ酸っぱい
漬物「すぐき漬け」から発見されました。

 

ラブレ菌は塩分や酸分が多い過酷な環境でも生き抜くことが
できる特徴があります。

 

なので胃酸などに耐えて、腸まで届きそこで生き抜く力が
強い乳酸菌です。

下図にカゴメのホームページから引用させていただいた
ラブレ菌の腸で生き抜く力を示します。

 

f:id:anemonelty:20170526000321g:plain

 

(カゴメホームページより)

 

右側の動物性乳酸菌に比較して、圧倒的に腸で良く抜く力が
強いことが分かります。


植物性乳酸菌のもう一つの特徴は、日本人の腸と相性がいい
ということです。

 

日本では昔から味噌、しょう油、酢など麴菌を利用した
発酵食品を多く食べてきています。

 

また、納豆や漬物なども植物性乳酸菌を利用した発酵食品
です。

これらの発酵食品を摂ってきて日本人の腸は健康的だったのが、
食事の欧米化によって植物性乳酸菌の摂取が年々減少しており、
調子が整わない方も増えてきているようです。

 

このことから、植物性乳酸菌は日本人と相性が良いと考え
られています。

 

●植物性乳酸菌ラブレ菌の効果

・整腸効果

ラブレ菌は胃酸や胆汁酸にも耐えて、腸に届きそこに留まり
大量の乳酸をつくり出すことで腸内を弱酸性にします。

 

その結果、悪玉菌の増殖を抑えたり、弱酸性になることによって
腸のぜん動運動を活発化し便通をよくします。

・免疫を高める効果

ラブレ菌を摂取し腸内に善玉菌が増えることで腸周辺の免疫細胞
が活発になり体の免疫力を高める効果があります。

 

具体的には、ウィルス感染や細胞のがん化等の異常があった場合
に最前線で防衛するナチュラルキラー細胞(NK細胞)を活性化
させます。

また、やインターフェロン-α(IFN-α)の産生能を高めること
も分かってきています。

 

インターフェロン-αはウィルスやがん化した細胞を攻撃する
NK細胞、KK細胞、単球・マクロファージを活性化させて、
免疫を高めます。

 

このため、感染症やがんの予防への応用が期待されています。


●植物性乳酸ラブレカプセルの優れたところ

f:id:anemonelty:20170506171629j:plain

 

・植物性乳酸菌の中でも生命力がトップクラスのラブレ菌
 を使用

 

・生きた植物性乳酸菌ラブレ菌を1粒当たり100億個以上配合

 ラブレ菌をこれだけの菌数生きたまま詰め込んだものは、
 国内でも初めてとされています。

 

・フリーズドライ(凍結乾燥)製法を採用
 
 凍結乾燥で眠らせたラブレ菌をサプリメントにし、体内の
 水分でラブレ菌が目覚めて活動できるようになっています。

 
●植物性乳酸菌ラブレカプセルの口コミ

・大阪府 50代 女性

 娘がラブレを飲んでいて調子が良い毎日を過ごせています。

 社会人になったばかりで大変なこともあるようですが、
 ラブレは調子の良さを実感して毎日元気に過ごせている
 ようです。


・静岡県 40代 女性

 乳酸菌をいろいろ試してみて、ラブレに決めました。

 私のお気に入りで今では定期便にしています。


・滋賀県 40代 女性

 友達からラブレのことを教えてもらってから早速注文し、
 ラブレを毎日いただいています。

 調子がよく、毎日元気に過ごせていますので、これからもラブレ
 を続けていきます。

 ありがとうございます。


・Iさん

 ちょっと高いけど便通はよくなりました。 
 
 2日目頃からお通じがありました。

 ラブレ菌の善玉菌が腸内に増えてきたんでしょうかね。

 これからも続けて経過を見たいと思います。