肌荒れ・便秘を乳酸菌ヨーグルトで効果的に改善する方法

肌荒れ、便秘、過敏性腸症候群には乳酸菌が効果がある!?アシドフィルス菌,lb81,ビフィズス菌はどれが良い?オリゴ糖もうまくとれる乳酸菌革命を飲んで、腸内フローラを改善しませんか?

アシドフィルス菌はカンジダ膣炎にも効果的

f:id:anemonelty:20170524233341j:plain

カンジダ菌という菌の名前を聞いたことがあるかと思いますが、
カンジダ菌はカビの仲間です。

カンジダ菌が関係する病気には、「カンジダ膣炎」や
「口腔カンジダ症」などが有名です。

実はカンジダ菌も腸の中に棲んでおり、腸内細菌の一つです。

 「えっ!カンジダ菌が腸内にいるの?」と驚かれる方もいるかも
しれません。

 私も最近これを知りましたのでこれを機会に、カンジダ
とはどんな菌なのか、私たちに与える影響、カンジダ症対策に
有効なアシドフィルス菌について紹介します。

●カンジダ菌ってどんな菌

カンジダ菌は主に腸内に棲んでいますが、その他に膣内、口腔内、
皮膚にも常在する菌です。

腸に棲む細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌に大きく分類されますが、
カンジダ菌は日和見菌に分類されます。

 日和見菌の特徴は、普段は大人しく健康にも影響を与えない
ですが、ひとたびカンジダ菌が活動しやすい条件が整うと活発
に活動し健康に害を与えます。

それは腸内フローラが乱れたときで、善玉菌の力が弱まってきて
悪玉菌が優勢になってきたときでカンジダ菌も悪玉菌を加勢
します。

カンジダ菌が活動できるようになる腸内フローラの乱れる
原因には次のようなものがあります。

 ・免疫力の低下

・ストレス

・食ベ過ぎや飲み過ぎ

・抗生物質やステロイド等薬剤の使用 

 カンジダ菌が原因で起こる病気には、カンジダ膣炎以外

にも「皮膚カンジダ症」、「カンジダ性爪炎」、「口腔カンジダ症」、
「口角炎」などがあります。

●カンジダ膣炎はなぜ起こるのでしょうか。

カンジダ膣炎に悩まされる女性は意外に多いのです。

特に妊娠初期にカンジダ膣炎を発症する場合が多く、その原因は

ホルモンバランスの変化が激しく、免疫力が低下するためと
言われております。

カンジダ膣炎は、カンジダ菌が膣内で増殖するために、
デリケートゾーンにも同時に発症することが多く、かゆみや
オリモノの増加が特徴です。

オリモノはヨーグルト状や酒粕状の白いもので、量も増えてきます。

健康な時の膣内にはデーデルライン桿菌(かんきん)という
乳酸菌は棲んでいます。

この乳酸菌は膣の壁を構成している細胞が豊富に含んでいる
グリコーゲンを栄養としていて、代謝産物として酸を生成して
いまます。

このため、膣内は強い酸性になっており外部から多少の細菌が
侵入しても殺菌する効果があります。

ところが、ストレスなどで抵抗力は低下するとこの乳酸菌が
減少したり、いなくなる場合があります。

この場合には膣内が酸性に保てなくなるので、雑菌やカンジダ
の増殖を許してしまいます。

カンジダ菌は一度なるとやっかいで、かなりしつこいです。

抗カンジダ薬を使った治療をしても、すぐに症状が再発する場合
がかなり多いといわれています。

●アシドフィルス菌はカンジダ症対策にも効果的

膣内のデーデルライン桿菌が弱まり、カンジダ膣炎が再発
しないようにするにはどうすればよいのでしょうか。

それは、抗カンジダ薬などの薬剤ではなく、身体の内側から

予防する方法です。

それは腸内細菌の善玉菌を強くして、腸内環境を改善する
ことなのです。

腸内環境を改善すると免疫機能が向上するので、カンジダ菌
の増殖が抑制されます。

腸内環境を改善するために効果的な方法の一つは、乳酸菌を
とることです。

中でも乳酸菌の仲間であるアシドフィルス菌は、私たちの
身体に常在する菌で腸内の他にも口腔、膣内にも常在して
いあるため、カンジダ膣炎の予防にも効果がある乳酸菌です。

ある研究では、こんな事例も報告されています。

事例:

細菌性膣症とカンジダ膣炎を繰り返す女性46人にアシドフィルス菌
の入ったヨーグルトを毎日150ml食べてもらい膣内の細菌バランス
がどう変わるかの実験をしました。

 その結果、膣内細菌バランスは改善され細菌性膣症とカンジダ膣炎

が治ってきたとのことです。

●アシドフィル菌を含む市販のヨーグルト

アシドフィルス菌をヨーグルトから摂る場合は、こんな記事も
参考になります。

www.nyuusankin100.info