肌荒れ・便秘を乳酸菌ヨーグルトで効果的に改善する方法

肌荒れ、便秘、過敏性腸症候群には乳酸菌が効果がある!?アシドフィルス菌,lb81,ビフィズス菌はどれが良い?オリゴ糖もうまくとれる乳酸菌革命を飲んで、腸内フローラを改善しませんか?

腸の冷えは肌荒れにも関係?ビフィズズ菌による肌荒れ改善効果とは!?

f:id:anemonelty:20170524113152j:plain

血行が悪く冷え症で悩んでいませんか?

また、便秘になりがちで肌荒れすると感じていませんか?

 

実は、腸の冷えと便秘はには密接な関係があるのです。

 

便秘が解消されて腸内環境が良くなれば、肌荒れや冷えの解消にも
効果があるのです。

 

この記事では冷えと腸との関係やビフィズス菌による肌荒れの改善効果
についてご紹介します。


●腸が冷える原因

冷たいもの飲み物や冷房などでお腹や腰が冷えると腹痛を起こしたり
お腹を下してしまったという経験をしたことはありませんか。

 

この経験をしたことがある方は、冷え腸とは密接な関係がありそうだ
ということを実感しているのではないでしょうか。

 

腸が冷える原因には他にもあります。

 

ストレスや疲れが溜まると自律神経に乱れが生じ血流が悪くなり、
腸が冷える原因になります。

 

また、運動不足になると筋肉が落ち血流が落ちますので、熱を作り
にくくなり冷え気味になります。


●腸が冷えるとどんな影響がでるの?

昔から「冷えは万病のもと」といわれています。

 

冷えは便秘や肩こり、不眠などのさまざまな不調の原因となる
だけでなく、免疫力が低下するため病気になりやすくなります。

 

「体温が1℃下がると免疫力が30%以上も低下し、代謝が12%
低下する」

 

といわれています。

 

健康な状態の腸の温度は体表面で計る体温よりも少し高く、
37℃前後といわれています。

 

腸がこの温度のとき腸のぜん動運動も適切になり、腸内細菌の
動きも良くなります。

このため、消化や吸収もいい状態となります。


ところが冷えにより腸の温度が下がるといろいろな影響がでて
きます。

 

・腸の動きが鈍り消化機能が低下する

 室内での冷房や運動不足、冷たい物を飲みすぎるなどして
 腸が冷えると血行が悪くなりなり代謝機能が低下します。

 

 それが原因で自律神経のバランスが崩れ、腸の動きが悪く
 なるので便秘や下痢が起こります。


 便秘になり腸内環境が悪化すると腸内腐敗が起こりますので、
 腐敗による有毒物質が原因で肌れや吹き出ものの原因になり
 ます。

 

・免疫機能の低下

 一般的に冬は風邪をひく人が多くなりますが、これは寒さ
 によって身体の免疫力が低下することが一つの原因です。

 

 同様に冬でなくても冷房などで腸が冷えると、腸周辺の
 免疫細胞の活動も鈍り、病気にかかりやすくなります。

 


●腸内環境を整えることが冷えによる腸への影響を防ぐ

以上より、腸が冷えると消化機能が落ちたり、免疫力が低下
することがお分かりになったかと思います。

 

対策としては、すぐに思いつくことは身体を温めることです。

直接的には、腹巻をしたりお腹にカイロを貼るのも一つの
対策です。

 

でもこの方法は、暑い夏にはできそうにもありません。

もっと身体の内側から改善する必要がありそうです。


それには、腸内環境を整えることが重要です。

 

腸内には腸内細菌である善玉菌、悪玉菌、日和見菌が共存
しており、これらの菌はバランスをとりながら生存競争を
しています。

 

健康であれば、細菌の数が悪玉菌に比べ善玉菌の方が優位
になっています。

もし、腸内環境が悪くなると悪玉菌の方が善玉菌に比べて
多い悪玉菌優位の状態になります。

腸内環境を整えるということは、腸内環境を善玉菌優位の
状態にすることを言います。

 

腸内環境を整えることによって、

・腸の動きが良くなり、消化機能が向上

・免疫機能が向上

します。


●腸内環境をビフィズス菌によって整え、肌荒れを解消

腸内環境を整える方法はいくつかありまますが、一つの方法は、

「ヨーグルトや乳酸菌サプリによりビフィズス菌を摂ること」

です。

 

腸内の善玉菌を増やして腸内環境を改善すると、便秘やそれに
伴う肌荒れも解消されていきます。


善玉菌の大多数はビフィズス菌で、これらの菌が増えて元気に
なってくれば、ビフィズス菌が作り出す乳酸菌と酢酸により
腸内が酸性に傾くため、腸のぜん動運動が活発になります。


そのためには、ヨーグルトや乳酸菌サプリによりビフィズス菌
補給してやることが効果的です。

 

補給したビフィズス菌はそのまま腸内に棲み続けるわけでは
ないので、毎日摂っていくことがポイントになります。
 
これらを摂ることにより、腸周辺の免疫細胞が活発になり
その結果すでに腸内にいる善玉菌も増え腸内環境が整って
きます。

 

腸内環境が整うと便秘が解消され、悪玉菌が減り腸内の腐敗
が低下すれば有毒物質の発生も抑制されて肌荒れが改善
されます。

 

また、ビフィズス菌は肌に良いとされるビタミンB群を生成
する働きもありあます。

 

ぜひ、ビフィズス菌を摂って腸内環境を整え健康な腸と美肌を
目指しましょう。