読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肌荒れ・便秘の悩みは腸内環境が原因!?乳酸菌で改善する方法

肌荒れや便秘がなかなか治らないという悩みはありませんか。その原因は腸内環境の悪化にあるかもしれません。腸内環境を改善する方法はいくつかありますが、乳酸菌を使うと善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスも改善でき、腸と関係する悩みを解消することができます。

ビフィズス菌は肌荒れも改善!その上くすみも改善するからスゴイ

f:id:anemonelty:20170519235735j:plain

ビフィズス菌は腸内細菌の善玉菌の一つで、健康を維持する
上でとても良い働きをしています。

 

これと対比される善玉菌には乳酸菌(乳酸桿菌)がありますが、
善玉菌としては数が少なく、ビフィズス菌ほど健康には影響を
与えていません。

 

ビフィズス菌が健康に与える効果には次のようなものがあります。

 ●ビフィズス菌の効果・効能

(1)整腸作用とこれに伴う肌荒れの改善

  ビフィズス菌が腸内で優勢であれば、腸内のpHは酸性に
  保たれます。

  腸内が酸性に保たれると腸の内容物を移動させるぜん動
  運動が活発になり、排便がスムーズにいきます。

  また、排便がスムーズなることで肌荒れも改善されます。

(2)腸を病原細菌から守る

  腸内環境が酸性になるため、病原細菌の勢力を弱め
  病原性大腸菌O157などの感染から守ります。

(3)免疫力・抵抗力を高める

  ビフィズス菌の菌体成分が腸周辺の免疫細胞を刺激する
  ため、免疫機能が向上します。

(4)ビタミンを作り出す

  ビフィズス菌は、ビタミンB群、ビタミンK、葉酸など
  のビタミンを合成します。


この記事では、(1)整腸作用とこれに伴う肌荒れの改善
について、もう少し詳しく説明をします。

 

●ビフィズス菌の整腸作用と肌荒れ改善効果

ある研究によると便秘が続いている人の腸では、ビフィズス菌
の数が減少しており、健康な人の約10分の1まで減少している
ことができたとういうことです。

(藤女子大学人間生活学部食物栄養学科池田隆幸教授の研究)

 

便秘の状態では腸内環境が悪化しており、上記の研究のように
善玉菌であるビフィズス菌が減少し、悪玉菌が優勢になって
います。

このような環境では、腸のぜん動運動が低下し便の移動が滞り
ます。

 

悪玉菌は腸内に消化しきれないで残っているたんぱく質を
栄養源とするために分解し、その結果アンモニアやインドール、
フェノールなどの有害物質を発生させます。

 

肌荒れや吹き出ものは、これらの有害物質が血液を介して
皮膚まで届き、表皮細胞の新陳代謝に影響を及ぼすます。

その結果、肌荒れやくすみなどが引き起こされてしまいます。

 

ところが、ビフィズス菌が優勢になっていれば、腸の動きが
良くなって悪玉菌の増殖を抑えます。

 

このため腸内での腐敗が減少し、肌荒れや吹き出ものの原因と
なる有害物質の発生が減少します。

 

もう一つビフィズス菌が肌荒れに改善効果があるのは、肌に
良いビタミンB群を合成する働きもあるからです。

特にビタミンB2は、美容のビタミンともいわれ肌や髪、爪を
健康に保ち、ターンオーバーを正常にする働きがあります。

 

このようなビフィズス菌の効果により肌荒れの改善や肌の
くすみも改善されます。

 

 ●ビフィズス菌が肌荒れを改善することを検証した事例

検証の内容は、20代から70代の女性を2グループに分け、
それぞれに次のものを4週間飲んでもらいました。

 

・ビフィズス菌とガラクトオリゴ糖の入った発酵乳

・ビフィズス菌とガラクトオリゴ糖が入らない疑似飲料

 

その結果、

ビフィズス菌とガラクトオリゴ糖の入った発酵乳を継続的に
飲んだ方が、

 

1.冬季の乾燥する時期に肌の角層の水分含有が保たれている。

2.腸内の腐敗進行により発生するフェノールの血中濃度が低下
  している。

3.角質の代謝酵素の活性度合が上昇している。

ことが科学的に検証されました。

 

(参考資料:ヤクルトニュースリリース、
 ビフィズス菌発酵乳が肌荒れを改善
 ~腸内環境と肌荒れの関係を科学的に解明~)

 

なのでビフィズス菌の入ったヨーグルトや乳酸菌サプリを積極的に
摂ることで、便秘のみならず肌荒れやくすみも改善することが
お分かりかと思います。