肌荒れ・便秘は腸内環境が原因!?乳酸菌で改善する方法

肌荒れや便秘がなかなか治らないという悩みはありませんか。その原因は腸内環境の悪化にあるかもしれません。腸内環境を改善する方法はいくつかありますが、乳酸菌を使うと善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスも改善でき、腸と関係する悩みを解消することができます。

植物性乳酸菌ラブレの便秘などに対する効果

f:id:anemonelty:20170506171030j:plain

 

乳酸菌といえば、ヨーグルトやチーズに多く含まれている
ことが知られています。

 

乳酸菌を大別すると、

・動物性乳酸菌

 ヨーグルトやチーズに多く含まれているもので、乳に
 生育する乳酸菌です。

 

・植物性乳酸菌

 漬物、味噌、しょう油などに多く含まれるもので、発酵食
 い多く生育する乳酸菌です。

の2種類があります。

 

植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べ、過酷な環境でも生きる
ことができ、生きたまま腸に届きやすいのです。


植物性乳酸菌の中で話題になっているのが、ラブレ菌です。


ラブレ菌の正式名称は、
「ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランス」
といいますので、ブレビス菌と呼ぶときもあります。

 

現在では「ラブレ菌」という名称が一般的に定着しています。

ラブレ菌は、京都の伝統的漬物でとりわけ酸っぱい「すぐき漬け」
から発見されました。

 

すぐき漬けは、かぶの一種である酸茎菜(すぐきな)を塩で
漬けこんだ漬物です。


植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌よりも腸で生き抜く力が強い
のですが、ラブレ菌はその中でも群を抜いています。

 

すぐき漬は塩分を含む酸のある過酷な環境ですが、ラブレ菌は
そんな中でもたくましく育ち、生き抜いた菌なのです。

 

このようにラブレ菌は、生命力が強く生きたまま腸まで届く
だけではなく、腸内でも増殖するので腸内の環境を改善する

効果があります。

 

●ラブレ菌の効果

・腸内環境を整える効果

前段でも解説しましたように、食べ物として取り込んだ
らラブレ菌は胃酸や胆汁酸に対しても死滅せずに、腸まで
到達することができます。

 

腸に到達した後、そのまま腸に留まる特徴があり、腸内では
糖を分解したくさんの乳酸菌を作りだします。

 

このため腸内は酸性に傾き悪玉菌の増殖を抑えたり、腸内が
酸性になることにより腸のぜん動運動が活発になり、便秘や
それに伴う肌荒れを解消します。

 

・免疫機能を高める効果

乳酸菌の効果の一つに免疫力を高める働きありますが、
乳酸菌の種類によって働きかける免疫細胞に少し違いが
あります。

 

ラブレ菌は体内でのインターフェロン生成を助ける働きが
あります。

インターフェロンとは、身体の中に侵入する病原体やがん細胞
などの異物に反応して作り出される免疫物質(糖たんぱく)です。

 

このため、ウィルスや病原体、がん細胞などを攻撃するT細胞、
ナチュラルキラー細胞、マクロファージなでの免疫細胞を
活性化させ。免疫力を高めます。

 

具体的には、インフルエンザ流行時期にラブレ菌を摂取する人
と摂取しない人を比べるとインフルエンザにかかるリスクを
低減できたことも検証されています。

(カゴメ株式会社ホームページ、ニュースリリースより)


以上のように植物性乳酸菌ラブレの優れた効果が研究により、
検証されています。

 

腸内環境と関係する悩みをお持ちの方に少しでも参考になれば
と思います。