肌荒れ・便秘は腸内環境が原因!?乳酸菌で改善する方法

肌荒れや便秘がなかなか治らないという悩みはありませんか。その原因は腸内環境の悪化にあるかもしれません。腸内環境を改善する方法はいくつかありますが、乳酸菌を使うと善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスも改善でき、腸と関係する悩みを解消することができます。

乳酸菌サプリの相性の見分け方、うんちの状態で分かります。

f:id:anemonelty:20170429152306j:plain

 

私たちのお腹にいる腸内細菌は、数にして10兆億個の単位、
種類では1000種類もいるといわれています。

 

腸内細菌を大きく、善玉菌、悪玉菌、日和見菌と分けて
考えると、これらの細菌がバランス良く共生していること
が健康につながっています。

 

今までの研究では、菌の種類が豊富で数も多い人が病気が
少ないということも分かってきています。

 

なので、腸内フローラをきれいに整えることは、多種多様
な菌がお腹にいる状態であるともいうことができます。


●腸内フローラをきれいに整える食習慣

 腸内フローラを整えるための研究が進むにつれて、次の
ような2つの考え方が生まれてきました。

 

・プロバイオティクスを習慣的に摂る

 プロバイオティクスとは腸内細菌の研究者の間で呼ばれた
もので、体に有益な作用をもたらす生きた細菌、または
それを含む食品のことをいいます。

 

それは、生きたビフィズス菌が腸まで届き、増殖することに
よって腸内フローラが改善されていくという考えです。


生きた菌としては、乳酸菌やビフィズス菌が代表格です。

 

食品では、ヨーグルトや乳酸菌生剤がこれに当たります。

腸内フローラを整えいい状態にするには、これらを毎日
習慣的に摂ることが大切です。

 

でも、最近は必ずしも生きた菌でなくとも腸の免疫機能が
活性化されること分かっていますので、これにこだわら
なくても良いのかもしれません。


・プレバイオティクスを意識的に摂る

 先ほどのプロバイオティクスと1文字違いなので、どっちが
どっち?と分からなくなる時がありますが、”pre~”の
接頭語で覚えると分かりやすいです。

 

”pre~”は、”~の前に”という意味です。

 

つまり、ビフィズス菌が増えるように事前に腸の中に
ビフィズス菌のエサになる食品を摂ることです。

 

プレバイオティクスとは、ビフィズス菌のエサになる
物質のことです。

 

そのためには小腸で消化・吸収されないで、大腸まで届く
ことが必要で食品では、オリゴ糖や食物繊維を指します。

 

オリゴ糖や食物繊維を多く含む野菜・果物、穀物などを意識的
に摂り、ビフィズス菌を元気にしましょう。


●乳酸菌の相性の見分け方

腸内フローラを改善するために、乳酸菌をヨーグルトや
乳酸菌サプリで摂る方も多いのではないかと思います。

 

腸内フローラは各自独自の個性を持っているので、自分に
合った乳酸菌を見つけることが必要です。

 

ヨーグルトや乳酸菌サプリの相性の見分け方を紹介します。

 

・選んだヨーグルト、乳酸菌サプリを継続して2週間程度
 摂る。

 人によっては2~3日でも変化が現れる方もいます。


・摂る前のうんちと摂った後のうんちの状態を比較します。

 

 摂る前のうんちに比べ、軟便になりその後元の排便状態
 に戻ったら もとから腸内にいる細菌に影響を与えた証拠で、
 「相性OK」と判断できます。

 

 継続して、摂っていきます。

 もし、うんちの状態に変化がなかったり、軟便が続くようなら
 別のものを試す同じようにして判断します。