肌荒れ・便秘は腸内環境が原因!?乳酸菌で改善する方法

肌荒れや便秘がなかなか治らないという悩みはありませんか。その原因は腸内環境の悪化にあるかもしれません。腸内環境を改善する方法はいくつかありますが、乳酸菌を使うと善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスも改善でき、腸と関係する悩みを解消することができます。

あごにできる吹き出ものの原因は?乳酸菌サプリによる改善法

f:id:anemonelty:20170427145807j:plain

あごに吹き出もの(ニキビ)が出て、洗顔やニキビ専用化粧品
をつけたりしているが、なかなか治らなくて困ったということ
はありませんか。

 

確かに、吹き出ものができるのは顔では鼻の周りやTゾーン、
あごにできやすいと思います。

 

これらの部分には皮脂腺の分布が多く、皮脂がつまりやすい
のが原因です。

 

また、あごは手で触ったりする機会も多く雑菌が付きやすい
ので吹き出ものができるとなかなか治りにくいところです。


●あごに吹き出ものができる原因

 あごにできる吹き出ものの原因は、ホルモンバランスの
くずれです。

 

男性の場合は、男性ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌される
のが直接的な原因です。

 

女性の場合は、生理の周期でホルモンバランスも変化して
しまうので、肌にも影響が出てきます。

 

特に生理の前になると女性ホルモンの一つの黄体ホルモン
が分泌されるため、皮脂の分泌が活発になるのが直接の
原因です。

 

男女とも介在するホルモンは異なりますが、共通することは
ホルモンバランスが乱れることにより皮脂が過剰に分泌されて
しまうためです。

 

ホルモンバランスが乱れる原因としては、生活習慣の乱れや
ストレスが挙げられます。

 

でも、皮脂が過剰に分泌されるだけでは特に問題ないのですが、
次に説明する要因で毛穴が塞がってしまうため吹き出ものに
なってしまいます。

 

・免疫機能が低下して肌のバリア機能が失われ、乾燥肌に
 なり角栓による毛穴づまりが起こる。

 角栓とは毛穴に詰まった皮脂や角質のことをいいます。

 

吹き出ものになる直接の要因は、毛穴の詰まりですが根本的
には体の中に溜まる老廃物が原因になっています。

 

●体の中に溜まる老廃物の発生原因

体の中に溜まる老廃物は、実は腸の中で起こっているのです。

腸内の中には腸内細菌がいて、善玉菌、悪玉菌、日和見菌
がバランスを取って共生しています。

 

お腹の調子が良いといわれる状態では、腸内の環境が善玉菌
優位の状態なのですが、ストレスや食生活の乱れなどがあると
悪玉菌が善玉菌を抑え優位になってしまいます。

 

このような状態では、腸の動きが悪くなるため腸の中で
食べ物の腐敗が起こります。

 

分かりやすい例でいえば、オナラや便がかなり臭い場合は
腸内で腐敗が起こっている証拠です。

腸の運動が低下すると、便秘の症状になることもあります


腐敗が起こると臭いの原因になるような有害物質が生じ、
これが腸の内壁から吸収され血液を介して体中に回ります。

この有害物質が先ほど説明した老廃物です。

 

これらの老廃物は顔の皮膚まで運ばれ、皮脂の分泌過剰に
伴って吹き出ものの原因となるのです。

 

また、腸の動きが低下すると腸の回りにいる免疫細胞の活動も
弱まってきますので、免疫機能が低下します。

 

このため皮膚のバリア機能も低下して、毛穴が詰まりやすく
なるのもこのためです。

 

●乳酸菌サプリを使って吹き出ものを改善する方法

 以上の説明のとおり、吹き出ものを根本から改善する方法は、
腸内細菌である善玉菌を優位にしてやり、腸の動きを活発に
してやることです。

 

腸の動きを活発にして吹き出ものの予防、改善方法について
紹介します。

・ヨーグルトや乳酸菌サプリを摂る。

 乳酸菌を摂ると腸の免疫機能が活発になり、すでに腸に
 いるビフィズス菌や乳酸菌も増え、腸内環境が善玉優位に
 なります。

 特に、乳酸菌サプリを利用すると一度にたくさん摂ること
 ができ効率的です。


・動物性たんぱく質を摂り過ぎないで、野菜、海藻などの
 食物繊維を多く摂る。

  動物性たんぱく質は、完全消化・吸収されないので、
 腸内で悪玉菌による腐敗が起こり、有害物質を発生します。

 食物繊維は、消化・吸収がほとんどされませんので腸まで
 届き、便の量を増やすため腸の動きが活発になります。

 

・ストレスを解消する。

  腸と脳とは神経でつながっているため、ストレスを受ける
 と腸の動きも低下して、便秘につながります。


腸を元気にすることで、便秘の改善だけでなく、吹き出もの
などの肌のトラブルも予防・改善できるのです。