肌荒れ・便秘は腸内環境が原因!?乳酸菌で改善する方法

肌荒れや便秘がなかなか治らないという悩みはありませんか。その原因は腸内環境の悪化にあるかもしれません。腸内環境を改善する方法はいくつかありますが、乳酸菌を使うと善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスも改善でき、腸と関係する悩みを解消することができます。

肌荒れや肌のくすみを改善するビフィズス菌の美肌効果とは

f:id:anemonelty:20170426164821j:plain

 

肌荒れや肌のくすみを改善しようと思ったら、スキンケア
ばかりに気を取られてはいけません。

 

スキンケアにより、荒れた肌や肌のくすみを改善すること
は必要ですが、原因は肌の表面にあるのではなく体の内側
にある可能性があります。

 

体の内側とは腸内にいる細菌のバランス状態のことで、
腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日和見菌がバランスを取って
共生しています。

 

ところが、このバランスがくずれビフィズス菌などの善玉菌が
減り、悪玉菌が優位になる腸内ではウェルシュ菌などにより
腐敗が進行します。

 

●腸内環境の悪化が肌荒れや肌のくすみになる理由

 腸内での腐敗の進行は、食べ物に含まれるたんぱく質が
分解されるために起こります。

 

この時に発生する物質がアミン、インドール、スカトール、
フェノールなどで、体にとって有害物質です。

これらの有害物質はさらに食べ物を腐敗させ、腸内環境が
悪化していきます。

 

こうなると、腸内は酸性度が弱まるために腸のぜん動運動が
低下して、便秘や下痢の原因になります。

 

一方発生した有害物質は腸壁から吸収され、血液に入ります。

 

血液に入った有害物質は、肝臓や腎臓で解毒されますが
解毒しきれなかった分は、血液により体中に運ばれます。

 

この有害物質が皮膚に届き、蓄積すると肌を作る表皮細胞に
影響を与え皮膚のくすみや乾燥などが引き起こされます。

 

また、腸内環境が悪化すると、免疫細胞の活動が弱まり
免疫機能が低下します。

 

免疫力低下はいろいろな病気を引き起こしますが、肌荒れや
吹き出ものも例外ではありません。

 

つまり、免疫力低下によって皮脂が過剰に分泌されたり、皮膚に
侵入する菌や炎症などが防げなくなくなり肌荒れや吹き出もの
などの肌のトラブルが起こります。

 

●ビフィズス菌は腸内環境を整え、肌荒れや肌のくすみを改善

肌荒れや肌のくすみを改善するには、悪化した腸内環境を改善
して善玉菌が優位な環境にしてやることが必要です。

 

善玉菌の代表格はビフィズス菌で、99.9%を占めていますので、
ビフィズス菌を活発にしてやることが善玉菌優位な環境に
つながってきます。

 

ここで、ビフィズス菌の効用を整理してみます。

 

・ビフィズス菌は糖を分解し、乳酸と酢酸を生成するので
 腸内が酸性になり、これが腸のぜん動運動を活発化します。

 このため、便秘の予防・解消に効果があります。


・腸内の悪玉菌の増殖を防ぐため、腸内の腐敗が抑制される。

 

・ビフィズス菌が活発になると免疫細胞を刺激するため、
 免疫力・抵抗力が高まる。

 

・ビフィズス菌は肌に良いとされるビタミンB群を生成
 する。

 

以上のような効用により、肌荒れや肌のくすみなどが改善
されていきます。

つまり、美肌効果があるということです。


ビフィズス菌っていいとこだらけですよね。

 

でもビフィズス菌は、加齢とともに減少することも分かって
いますので、次のことに注意しましょう。

 

・ヨーグルトや乳酸菌サプリなどで乳酸菌を摂る。

・ビフィズス菌のエサになるオリゴ糖を摂る。

・食物繊維を多く摂る。

・動物性たんぱく質を摂り過ぎない。

・ストレスを溜めない。